TM Add-on

TMvision

TMflow Editor

TMstudio

TM ROS Driver

Conveyor Tracking

API Management

TMvisionアドオン

TMvisionアドオンは、より強力なビジョン機能を備えたTM Robotにアップグレードできるソフトウェアです。
ロボットに追加のモジュールを装備して、ロボットビジョン機能を最大化します。

外部ビジョンモジュール (2D)

外部ビジョンモジュールを購入して、TM Robotと外部カメラとの接続を可能にし、下向き(Eye To Hand)あるいは上向き(Up-Ward Looking)
の固定カメラによる高度なビジョンのインストールを実装します。 利用可能なその他の外部カメラモデルについては、ここをクリックしてください。

eye-to-handeth

下向き(Eye-To-Hand)– アーム動作中に画像処理を実行できるため、合計サイクルタイムを短縮できます

– これは、コンベアトラッキング、オブジェクトのロードアンドアンロード、バーコードの読み取り、
品質検査などのアプリケーションに推奨されます

up-ward-looking

上向き(Up-Ward Looking)– 位置決めの精度が向上します

– 携帯電話や電子機器の組み立てなど、高精度の組み立てが必要なアプリケーションに推奨されます

TM 3DVision

TM 3Dvisionモジュールは、TM Robotがさまざまな種類のオブジェクトに対して3Dオブジェクトの位置決めを実行するのに役立ちます。 このビジョンモジュールは、特定の3Dカメラモデルを使用する必要があります。詳細については、カメラ1カメラ2をクリックしてください。 ユーザーは、このモジュールを使用して、外部3Dカメラでオブジェクトの3Dポイントクラウド(点群)を生成したり、事前定義されたオブジェクトのCADファイルを使用したりすることもできます。 この機能は、3つの異なる3Dオブジェクト位置決めモードを提供します。

geometry

幾何形状モード

幾何学的形状を使用して
オブジェクトを識別します

pre-defined-cad

CADモード

事前定義されたCADモデルを使用して
オブジェクトを識別します

point-pose

点群モード

点群データを使用して、
不規則なオブジェクトを識別します

AIグループ化機能で視覚的な位置決め効率を向上させます

3Dカメラの視野内の点群を複数の小さなグループに分割するAIグループ化機能が含まれています。 視覚的位置決めのアルゴリズムは、各小グループに配置されるオブジェクトを検索できるため、アルゴリズムの計算量が減り、位置決め効率が向上します。

衝突チェック機能

3Dビジョンは、3Dビンピッキングアプリケーションでよく使用されます。衝突チェック機能により、TM Robotが周囲のオブジェクトやロボットアーム自体と衝突するのを防ぐことができます。 この機能は、衝突を事前に回避するために有効です。

AIモジュール

AIモジュールは、TM Robotが深層学習モデルをインポートできるようにし、AIによるオブジェクトの分類と検出を実行できるようにします。 このTMvisionモジュールの学習には、TM Robot用に設計されたトレーニングサーバーソフトウェアであるTMAI +ソリューションを使用する必要があります。 TM AI +の詳細については、ここをクリックしてください。
このTMvisionモジュールは、TM Robot用に設計されたトレーニングサーバーソフトウェアであるTMAI +ソリューションで使用する必要があります。 詳細については、ここをクリックしてください。

*1ライセンスは1つのロボットアームのみで使用できます

ai-classification

AIによる分類

画像内のオブジェクトが属するカテゴリを分類します

ai-detection

AIによる認識

画像内のすべての異なるタイプのオブジェクトを検出して特定します

その他の高度なビジョンモジュール

以下のモジュールを購入して、より多くの種類のロボットビジョン機能を取得してください:

ocr-module

OCRモジュール

  • 文字認識(アルファベットのみ)と数字認識
  • Arial、Verdana、Times New Romanなど、9つの一般的なフォントとその太字フォーマットをサポートします
  • 数字認識は、正/負の数値と小数点を判別できます
identify-measure-module

モジュールの特定と測定

  • 姿勢の検出、特定の色の領域サイズ、参照画像の減算、線のバリ、カウント(不規則なオブジェクト、形状、画像)、距離と角度の測定などが含まれます

TMflow Editor

TMflowオフラインプログラミング

TMflow Editorは、プロジェクトをオフラインで開いて編集するためのソフトウェアです。 ユーザーは、ロジック、変数、モーションタイプ、フロー全体のレイアウトなど、すべてのノードを事前に編集できます。 プロジェクトをTMコントローラーにインポートしたあと、事前に設定したノード名に従って、実際の教示点を簡単に上書きできます。

新しいソフトウェアを学習する必要はありません

追加のトレーニングや学習は必要ありません。TMflowEditorとTmflowの使い方は同じです。 ユーザーのパーソナルコンピューターで、TMflowエディターはプロジェクトを簡単に構築および編集できます。

ロボットの生産効率を維持する

TMflow Editorは、プロジェクト(ロジック、変数など)をオフラインで変更できるため、ロボットの停止時間を削減できます。 ユーザーは、簡単な操作でコンピューター上のプロジェクトを簡単に変更できます。 プロジェクトをオフラインで調整し、実際のロボットにインポートします。 ロボットの停止時間は最小限ですみます。

addon_section2_img1
addon_section2_img2

TMstudio

ワークステーション

ユーザーは、実際にロボットワークステーションを構築して開発する前に、シミュレーション用のロボットと環境のモデルをインポートできます。

TCP生成

ユーザーがエンドエフェクタのCADファイルにTCP情報を設定できるようにします。

TM 3DVisionアプリケーション

生成されたロボットワークステーションとTCPは、TMflowにインポートされ、TM3DVisionバラ積み
ピッキングアプリケーションで使用できます。 さらに、TMflow衝突チェックノードと組み合わせて、対象ワークの選択/配置プロセス中の衝突を防ぐことができます。

パレタイジングウィザード

パレタイジングウィザード:パレタイジングの軌道を
シミュレートしてTM Palletizing Operatorにエクスポートします。

TM Palletizing Operatorアプリケーション

TMstudio パレタイジングウィザードは、カスタマイズされたパレタイズタスク、パレタイズシミュレーション、および衝突チェックに最適なソリューションを提供する
アプリケーションベースのソフトウェアです。

TM ROS Driver

独自に開発したプログラムを使用してTM Robotを自由に制御

TM ROS Driverは、独自に開発したプログラムでTM Robotを制御したい開発者向けに設計されています。
TM ROS Driverは、TM Robotのオペレーティングソフトウェア(TMflow)を外部プログラムに接続し、ロボットの制御を外部プログラムに行わせることが出来ます。

TM ROS Driver

Conveyor Tracking

ワークハンドリングに対する最高の解決策

コンベアトラッキングは、視覚またはセンサーに基づいてオブジェクトの位置・
姿勢を検出し、非常に正確な動的コンベアトラッキングを実現します。

ソフトウェアとハードウェアの完全な統合

カメラ、エンコーダー、EtherCAT拡張モジュールを使用することができます。
追加のコントローラーは不要です。

addon_section1_img

TM Robot マネージメント API

TMロボットをシステムに接続してIoT管理を実現

現在、IoT管理システムを自社工場に導入する企業が増加しています。あらゆる機器やデバイスからデータを収集し、監視と分析を行います。当社のTMロボットマネージメント APIは、システム開発者がTMロボットを既存のシステムに簡単に統合できるように支援します。このように、経営者がIoTを活用してビジネス価値や投資収益を高めることを支援します。

簡単に導入可能

LinuxやUbuntuなどのプラットフォームに対応

複数のロボットが接続可能

IoT管理を実現

様々なインターフェースに対応

様々な言語で迅速に統合可能

TMロボットマネージメントAPIは、複数のデータ通信インターフェイスに対応しており、あらゆる製造データを管理してIoT管理を行うための効率を向上させることができます。

addon_api_img1

複数のTMロボットからデータを収集し、ユーザーが使用している既存の管理システムで利用出来る為、今まで実現できなかったデータ応用が可能になります。