TECHMAN ROBOTにおける新型コロナウイルスへの対策措置

協働ロボットのリーディングカンパニーであるTECHMAN ROBOTは、新型コロナウイルスに対するグローバルな対策措置を講じています。毎日、従業員の健康状態に注意を払い、グローバルな予防情報を収集し、各現地政府の感染症対策通報パイプラインを立ち上げています。また、海外子会社、海外代理店、パートナー、お客様とオンラインでコミュニケーションをとり、リアルタイムに情報をフィードバックしています。

全世界で従業員の感染ゼロ オフィスや工場は通常通り稼働

TECHMAN ROBOTの台湾本社、上海、深圳、重慶、韓国、オランダの海外拠点では、500名を超える従業員が感染ゼロを達成しており、すべてのオフィス・製造工場が通常通り稼働し、感染症流行の影響は何ら受けておりません。厳格な消毒・防疫対策に加え、社内の従業員プラットフォームや毎日のアンケートで従業員の健康状態を把握し、世界各地の従業員の海外出張や感染症対策アドバイスなどの情報をリアルタイムに収集しているほか、政府の感染病対策通知パイプラインも立ち上げています。

グローバルなオンライン交流 遠距離トレーニングの実施

TECHMAN ROBOTのグローバル展開は、新型コロナウイルスによっても足を止めることなく、欧米、東南アジア、中国、日本の代理店とオンラインセミナーを開催するだけでなく、多くの技術・市場交流を実施しています。また、感染症の流行に対応するために、遠距離教育資源を構築しています。4月には成功大学と提携し、遠距離教育のためのファクトリーインテリジェントマネジメントシステム(TMmanager)を試験的に導入し、5月には世界の販売代理店向けにオンライントレーニングプラットフォームを立ち上げ、感染症流行の影響を受けないリアルタイムのトレーニングコースを提供します。

感染症流行の影響により、今年は展示会やセミナーなどの対面でのイベントは中止となりますが、TECHMAN ROBOTでは、世界の代理店やお客様の利便性を考慮し、公式ウェブサイトに展示会情報を同期して紹介します。同時に、TECHMAN ROBOTは、一日も早い感染症流行の収束を願いながら、世界中の人々と共に新型コロナウイルスとの戦いに立ち向かいます。