Skip to content

Techman RobotがAI画像認識技術、スマート工場管理システムを発表 バーチャルとリアルの融合でインテリジェントな生産工場を実現

Techman Robotは12月18日、日本の国際ロボット展(iREX)に満を持して出場し、最新のスマートファクトリー技術を披露しました。生産ラインで活躍する協働ロボットと、短時間で構築できるスマートパレタイジングのアプリケーション統合ソリューション、および人工知能AI画像認識技術を採用することで、製造工程の自動化に必要な検測効率を高めることができます。また、生産現場をスマート工場管理システムと連携することによって、バーチャルとリアルを融合したインテリジェントな製造産業を実現します。

スマートパレタイジングソリューション

この度、Techman RobotがリリースするTM Operatorシリーズ初の新製品ーTM Palletizing Operatorは、短時間で展開できるスマートパレタイジング専用の作業システムユニットが特徴です。付属のアプリケーションソフトウェアを利用して、パレット規格の設定から積載シミュレーション、衝突試験まで、手軽に行うことができます。また、従来では3ヶ月から半年を要する初期設定期間を短縮し、設定完了までたった5分で作業を開始できます。TM Palletizingのスマートパレタイジングソリューションは、台湾で初めてISO10218-2の国際第三者安全認証を受けたスマートパレタイジングシステムモジュールであり、CE、13849-1の国際認証も取得済みであるため、物流倉庫業、食品業または製造業においても活用できます。

AIロボットアーム

Techman Robotは人工知能を用いたAI画像認識技術を導入し、関連業界で初めて、既往の画像認識技術とAI画像認識技術を1つのロボットシステム上に構築しました。外部コントローラを用意する必要がなく、画像認識技術の統合作業にかかっていた労力、時間、金銭などのコストを大幅に下げることができます。Techman Robotに組み込まれている画像認識技術は、光源、産業用カメラ、感測ユニットから映像を取得し、人工知能技術であるディープラーニングを用いて、物体の形状、種類、色彩など構成要素をより正確に検出します。さらに、従来の画像認識技術では克服できなかった、ファクトリーオートメーションにおける検測効率や難点を解決し、様々な産業で品質管理の正確性と効率を高めることができます。Techman Robotの人工知能は、検測データ指向の生産管理で生産工場のデジタル変革をリードしていきます。

スマート工場管理システムTMmanager

Techman Robotが提供するスマート工場管理システムーTMmanagerは、リアルタイム監視システム、データ分析の自動化管理システムを備えた、製造工程と生産設備のスマート管理に特化した産業用グラフィックコントロールソフトです。独自開発したアーム管理システム(RMS)は、TM協働アームとシームレスに連携し、アームの動作をリアルタイムにモニターすることができ、現場の制御システム(SFC System)など多くの機能モジュールを用いてファクトリーオートメーション設備を効果的に制御します。TMmanagerは直感的で簡易な操作と、完全カスタマイズ可能なユーザーパネルで、オールラウンドな管理ソリューションを提供します。また、Techman Robotは、ソフトウェア会社を自負しており、ロボットアプリケーション以外にも、人工知能AI画像認識の導入やスマート工場管理システムーTMmanagerの開発にも力を入れています。生産ラインのバーチャルとリアルを融合するTMmanagerは、スマートファクトリーに欠かせないベストパートナーです。

そのほか、TM Plug&Playのパートナー製品であるforce sensorと協働する展示では、サードパーティープログラムソフトを利用し、複雑な曲線を含む仕上研磨を完成させるパワーコントロールを実現する様子を見ることができます。また、TM 3DVisionの展示では、外部コントローラを用意する必要がなく、TM flowのヒューマンインターフェイスとロボットコントロールボックスに組み込まれた3Dビジョン技術を利用し、スマート衝突センサーでランダムピッキングの実演を行いました。

日本の市場調査会社である富士経済の予測レポートによると、2025年には、生産工場等で利用される産業ロボットの世界マーケット規模が2018年の2.5倍に拡大し、2兆8675億円になる予想です。協働ロボットのマーケット規模に関しては、2018年から2019年にかけて約3割成長し、すでに782億円に達すると見込まれています。TM Robotは日本のメディカル・オートメーション設備を製造するオムロン社と戦略セールスで提携するほか、現地の代理販売パートナーも積極的に募集しており、すでに代理商2社、およびシステムインテグレーター数社とパートナー関係を築いています。また、日本の自動車メーカーともすでに提携しています。近い将来には自動車、食品、化粧品業界などに進出し、AI画像認識とスマート工場管理システムを用いて生産工場のスマート化に貢献していきます。