Skip to content

TECHMAN ROBOT、ヨーロッパ初のオフィスを正式に開設

TECHMAN ROBOT、ヨーロッパ初のオフィスを正式に開設

世界第2位の協働ロボットメーカーであるTECHMAN ROBOTは、内蔵ビジョンシステムと柔軟な展開機能により、ヨーロッパ市場で急速に頭角を現しています。この度、イギリス、ドイツ、フランスの代理店に加えて、より迅速なカスタマーサービス、包括的なトレーニングコースを提供し、また出荷・倉庫拠点として機能するために、オランダにヨーロッパ初のオフィスを開設することを発表しました。

TECHMAN ROBOTのグローバル・セールス・ディレクターである章春蕙は次のように話しています。「ヨーロッパ初の拠点としてオランダを選んだ理由は、オランダの代理店に近いということだけでなく、ヨーロッパでのローカライズされたサービスを完全に実現する上で、オランダがヨーロッパ各国へのゲートウェイという位置づけにあるためでもあります。」

ヨーロッパは、設立からわずか3年で、世界第2位の協働ロボットブランドに急成長し、インダストリー4.0の急速な発展に伴い、ヨーロッパのサプライチェーン市場への進出に成功しました。協働ロボットの市場は有望で、産業オートメーションの分野で成長を続けています。国際ロボット産業協会によると、協働ロボットの売上は2025年には10倍に跳ね上がり、産業用ロボット全体の34%を占めるとされています。ヨーロッパは、協働ロボットに加えて、自動化ソフトウェアとハードウェアの統合を強化し、企業がスマートマニュファクチャリングの未来に向けて前進するよう支援します。